学会雑誌 Academic journal

学会誌『交流分析研究』の紹介
日本交流分析学会では、年に2回、学会誌『交流分析研究』を発行しています。本学会主催の学術大会・研修会の報告や本学会員による論文などが掲載されています。

最新号の紹介

交流分析研究 VOL.41 NO.1 (2016年6月30日発行)

目次

巻頭言
交流分析とコミュニケーション教育

端詰 勝敬(東邦大学医学部心身医学講座)

特集
日本交流分析学会第40回大会・日本自律訓練学会第38回大会
合同大会
【両学会合同シンポジウム】現場に生かす交流分析・自律訓練法の知
大学教育における交流分析・自律訓練法の実践と有用性

田副 真美(ルーテル学院大学総合人間学部)ほか

交流分析と自律訓練法の効果的な利用法を探る

小澤 真(聖徳大学心理・福祉学部)ほか

エゴグラムでみる心療内科患者における集団自律訓練法の適応と効果

大平 泰子(富山国際大学子ども育成学部)ほか

交流分析と自律訓練法を臨床でどう用いるか
-心療内科医の立場から-

江花 昭一(神奈川大学保健管理センター)ほか

研究報告
精神障害者の自我状態とソーシャルスキルに関する研究
-障害者雇用に積極的に取り組む企業で働く従業員に焦点を当てて-

德丸 史郎(法政大学大学院政策創造研究科)ほか

交流分析研究 VOL.41 NO.1
学会雑誌
学会誌のご購入について
PAGE TOP